タミフル飲み合わせ注意報

タミフルはよく効く薬です。だからこそ飲み合わせに注意して効果を十分引き出しましょう。

タミフルと飲み合わせ注意のもの

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症です。
通常、感染後の約1日~3日の潜伏期間を経た後に発症します。
発症後は、39度以上の高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛、全身倦怠感などの全身症状が現れます。
さらに、咳や鼻水、のどの痛みなどの呼吸器症状や、下痢や嘔吐、腹痛などの消化器症状などが起こることもあります。
多くの医療機関ではインフルエンザ 検査キットを備えており、15分から20分で結果がわかるようになっています。
この検査キットでは、A型やB型に区別して検出することが可能となっています。
この検査によって陽性が出た場合は、インフルエンザと診断されます。
インフルエンザの治療薬としては、タミフルなどの抗ウイルス剤が処方されています。
タミフルは、ウイルスが持つノイラミダーゼという酵素を阻害する働きがあり、ウイルスの増殖を防ぐことができます。
タミフルを服用することによって、症状を緩和し、発症している期間を短くする効果を得られます。
ただし、48時間以内の服用が必要となっており、それを過ぎると効果がなくなるとされています。
タミフルは、A型やB型のインフルエンザウイルスには効果がありますが、C型には効果がありません。
使用方法としては、1日2回、1回1錠を3~5日間服用します。
タミフルの副作用としては、嘔吐、じんましん、動悸、皮膚のかゆみなど様々ありますが、特に子どもの異常行動が問題視され、現在では小児科領域においての使用はされていません。
また、他の薬とタミフル 飲み合わせを行う場合には注意が必要です。
薬の効果が落ちるだけでなく、異常行動を引き起こす可能性があるとされています。
インフルエンザ潜伏期間への対策をしようとタミフルを服用する際は他の薬と併用できるか、医師に相談することが大切です。